店長ブログ

2013年09月27日高額買取 CONTAX コンタックスT2 シルバー

今回は、CONTAX コンタックスT2のお話。

contaxTⅡ

 

コンタックスT2は、高級コンパクトカメラの先駆け的存在。

発色のいいカール・ツァイス・ゾナー 38mm F2.8を

搭載しており、スタイリッシュなボディは

「地球誕生以来1、2を争う美形カメラ」と評した

ユーザーさんもいるくらい。

 

今回ご紹介するこのCONTAX コンタックスT2シルバーなんて、

まさにその呼び名にぴったりな感じがしませんか?

古臭さがむしろ味になっている、そんな雰囲気のカメラがこの

コンタックスT2です。

 

海などをメインに撮影していた方には、大変人気のある機種。

それもそのはず、発色が本当に綺麗。

まさにゾナーのなせる業でしょう。

また、動けば標準にも広角にもなりうる38mmという

画角が好評でした。

CONTAX T2の最高シャッタースピードは1/500秒と、

曇り空で心配なく撮影が出来るスペック。

サイズは大きめのポケットであれば入れられる大きさで

なおかつオートフォーカスとくれば、お気に入りで持ち歩いて

いたユーザーも、きっと多いだろうと思います。

 

「昔はバッグに常備で臨戦態勢だったんだけどねー。

どうもデジカメを使い始めてから出番が極端に減っちゃって」

 

そんなあなた。

当店では、高額買取しております。

ぜひお気軽にご相談下さい。

まずは無料査定からどうぞ。

2013年09月27日高額買取 CONTAX コンタックス645

本日は、CONTAX ブランドのカメラ コンタックス645のお話。

contax645

 

 

 

 

 

 

 

コンタックス645は、1999年。あの「ノストラダムスの大予言」で

全世界が滅びるといわれた年に京セラCONTAXから発売されました。

世界はまったく滅びることなく(笑)、この年CONTAXブランドによる初の

645(ろくよんご)判システムカメラが登場。

空から降りてきた大魔王は、コンタックス645だったか

(んなわけないじゃん)。

 

まぁまぁ、当時はそのくらい非常にセンセーショナルだったわけです。

 

なにが?って、例えばプラナー80mmF2といったブランドレンズによる

高速シャッター。

1/4000秒というスピードには惹かれるものがありました。

またバキューム機構のフィルムの平面性確保など中判カメラとしては

目を見張るスペックを持っていたのです。

 

また、何といってもCONTAX645のすばらしさは、その写真の仕上がり。

ツァイスの濃厚な発色が伝わってきます。

 

あ。

ご存じない方のためにお伝えしておきますと。

コンタックスというのは、元はドイツのツァイス・イコン社の製品でした。

1932年3月にコンタックスⅠ発売に際して社内公募で一位をとり、

ブランド名に決定。

その後ドイツが戦争になり会社は東西に分かれます。

ツァイス・イコン社もこの戦争により東西に分裂。西側のツァイスが

コンタックス銘でレンジファインダーカメラを製造し、東側のツァイスは

M42マウントの一眼レフを製造することに。

ところが、東西のツァイス社でブランド名を巡る訴訟が起き、コンタックス

ブランドは一時休眠状態に。

 

その後、1971年に西側のツァイス・イコンがカメラ事業を中止した後、

ライセンス契約、その会社の吸収合併などを経て京セラのブランドと

なったのです。

しかし、その京セラも2004年からカメラ事業を縮小し、自社ブランドの

デジタルカメラを廃止し、コンタックス(CONTAX)に統一すると発表しました。

ところが翌2005年に京セラはコンタックスを含むカメラ事業から撤退する

ことになり、この年の9月、事業終了が発表されて再び休眠ブランドとなって

いるのです。

 

そんな、波乱万丈の運命を背負ったカメラ「CONTAX コンタックス 645」。

残念ながら中古カメラとして余生を送る運命を背負ってしまった

コンタックス645ですが、その性能はいまとなっては、逆に貴重なもの。

 

当店では高額買取致します。

是非一度お気軽にご相談ください。

まずは無料査定からどうぞ。

2013年09月24日「モノより、思い出。でも、やっぱ、モノも大切」

 

 「モノより、思い出。でも、やっぱ、モノも大切」

 

「モノより、思い出」

ちょっと前に流行ったコピーです。

モノより、思い出。

そりゃそうですけどね。写真って、そういう意味では

「モノ」と「思い出」の中間にあるものですよね。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

本当に「モノより思い出」だけなんでしょうか?

 

カメラが趣味な方なら、心当たりがある方もいると思いますが。

カメラって、そのモノ自体にも、愛着がわくものですよね。

それを、たとえば何かのタイミングで買い換えることになったとします。

愛用してきたカメラは、まだまだ動くし、余裕で使える。

大好きなカメラで、例えば多くの思い出を記録して残してきた相棒。

フィルムカメラなんて使っている方なら余計、デジタルにはない

色味を出しますから、愛着があるのは、ごもっともというもの。

 

そんな愛着のある品を、なんらかの理由で手放さなきゃならなくなった。

意を決して売却を決めて、業者に相談に行く。

大概の買取業者さんは言うんです。

 

「当店では、たいていのものは、買取しています」

 

 

使い込んである上に古いカメラだったりしたら余計

そりゃ売れるか、本当に買取ってもらえるか心配しているお客様は

実は、案外多いんです。

 

 

日本の技術力を終結させたであろう、昔のカメラ。

CANON、CONTAX、NIKON、ほかにもいろいろなメーカーのものが

当店には買取希望として持ち込まれます。昔のフィルムカメラはもちろん

デジタル一眼、ミラーレス、コンパクトカメラ、双眼鏡、スタジオ照明、

交換レンズ、三脚などなど。

 

でも、お店によっては、買取ってもらえないこともあるみたいなんですよね。

ある店舗ではダメでも、違う店舗だと買取ってもらえたりする。

そんな経験がある方は、いませんか? そんなとき、モノは何もかわっていないのに、

どうしてなんだ!?と、ら思ったりしませんか?

 

やっぱりモノもある程度は人の想いが残っているもの。

持ち主からしたら、丁寧に大切に扱ってほしいものですよね。

 

 

勘のいい方なら、もうピンときているかもしれません。

物の買取というものは、取り扱うお店が価値を決めます。

買取ってくれるかどうか、そしてそれが幾らになるか。

どれほどあなたが大切に思っていても、丁寧に扱って

きたものであったとしても、お客様が買取り価格を決めることが

できないシステムになっているのです。

唯一できることは「売るお店を選ぶ」ということだけ。

 

それならば。

いいお店を選びたいとは、思いませんか?

 

当店は、皆様の思い出が詰まっているであろうカメラ、

そしてそれに付随する商品を大切に丁寧に買取らせて

いただきたいと考えています。

古いものでも、壊れているものでも、例えば水没してしまった

ものであったとしても、是非一度お気軽にご相談ください。

 

 

お客様との、そしてカメラや「モノ」との一期一会を大切に

したいと考えています。

2013年09月24日高額買取 CANON キャノン コンパクトデジカメ  PowerShot G1 X

高額買取 CANON キャノン コンパクトデジカメ  PowerShot G1 X

本日ご紹介するカメラは、こちらです。

 

blog-canon-G1

CANON キャノン PowerShot G1 X。

PowerShotG1は、コンパクトカメラながら、デジタル一眼レフの表現力に迫る勢い。

。表面積は従来機の約6.3倍。デジタル一眼レフに
迫る14.3メガ、自社開発「1.5型大型CMOSセンサー」を搭載し、過去のGシリーズとは
一線を画す表現力を可能にしました。
また、DIGIC 5との連動でコンパクトカメラの常識を超えた高画質を実現。
滑らかな階調整、最高ISO感度は実に12800を達成しています。

キャノンユーザーなら、ぜひとも体験してほしいPowerShot G1。
機能を最優先し、プロの道具にこだわった操作性、EOSを思わせる設計を随所に施し、
一眼レフユーザーにも使いやすい操作性を実現しています。
また、一眼連動の優れた拡張性「EOSアクセサリー対応」、EOSアクセサリーとの高い
互換性を実現し、より本格的な撮影を行うことが出来ます。

キャノン パワーショットG1といえば、PowerShotシリーズ最上位モデル。
デジタルカメラ キャノン PowerShot G1 Xを高価で買取中

カメラの高額買取 カメラハンターでは、デジタルカメラ キャノン PowerShot G1 X
を高価で買取しています。
新品に近い状態のものはもちろんより高額で、中古品、開封品、故障品についても
ぜひお気軽にご相談ください。完全無料で査定いたします。

まずは無料査定からどうぞ。

1 / 11

かんたん!らくらく!1分で完了!無量WEB査定

買取ターゲット

[クリックで更に表示]

先頭へ